新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

556:帯状疱疹と眼科

こんにちは新宿東口眼科医院です。

秋も深まってゆく中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回のテーマは「帯状疱疹と眼科」です。

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水痘・帯状疱疹ウイルスによって皮膚にぶつぶつと発疹(ほっしん)が出る病気です。腹に出たり、胸に出たり、顔に出たりします。体の左右どちらかだけにおこるのが特徴的で、反対側まで広がることはありません。ピリピリとした痛みを伴うのが普通で、治ってもいつまでも痛みや刺激感が残ることがあります。

 

特に顔面の三叉神経第1枝領域(眼神経)に出現した場合、ヘルペス性角結膜炎や、虹彩炎、網脈絡膜炎をきたし、視力低下等の症状がおこることがありますので、眼科での精密検査が必要になります。

 

目に対する治療としては、抗ウイルス薬のアシクロビル眼軟膏点入や内服がありますが、重症の場合は、総合病院等で抗ウイルス剤の点滴静注が必要になることもあります。

また、混合感染予防のための抗菌剤点眼や、炎症抑制のための低力価のステロイド点眼(角膜上皮型でなく、実質型の場合)を併用することもあります。

 

眼部帯状疱疹もヘルペス性角結膜炎も、その発症の引き金となるきっかけは同じで、加齢、疲労、ストレス、悪性腫瘍、重症な感染症、放射線や紫外線の曝露、免疫抑制剤や抗がん剤を使用したことによる免疫力の低下などで、誰にでも起ることがあり得ます。

体調管理をしっかりとして、目やその周囲に違和感を感じたら早目に眼科を受診することをおすすめします。

  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
  • すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索