• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

563:赤ちゃんの視力はどのくらい?

こんにちは。新宿東口眼科医院でございます。

すっかり日が短くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは【赤ちゃんの視力はどのくらい】についてです。

 

赤ちゃんも眼球自体は大人に近いものを持っていますが、視覚野などの脳の発達がまだ未熟なために視覚としてはっきりと認識できないと言われています。そのため強度の近視に近い状態となっていると考えられています。

妊娠24週前後~⇒体内にいる時点ではまだ視覚と呼べるものは持っていませんが、まぶしいなどの光に対する感覚は持っていると考えられています。

出産直後⇒新生児の視力は一般に0.01~0.02くらいと考えられています。出産後数ヶ月はしっかりとした視力はまだ持っていません。

生後3~4ヶ月頃⇒この時期から動くものをゆっくり目で追ったり、見たいものに視線をおわせたりします。視力は0.04~0.08程度と考えられています。

生後6ヶ月~8ヶ月頃⇒視力発達が著しい時期。視力は0.1程度になっています。生後8ヶ月頃から目の機能がさらに発達して立体視ができ、奥行き、上下左右、自分と物との距離などもかなり正確に把握できます。この時期、斜視などの問題があると弱視になりやすいので注意が必要です。

1歳頃⇒物にピント合わせる機能が整ってきます。視力は0.2~0.25程度と考えられています。

2歳⇒行動範囲が広がるとともに両目でものを見る機能が発達し、遠近感や立体感が分かってきます。視力は0.5~0.6程度と考えられています。

3歳⇒約6割の子供が視力0.8~1.0くらいに発達すると言われています。

その後、6~7歳頃で視力はほぼ確立され、遠近感覚や立体視といった両眼視機能が完成されます。

赤ちゃんや幼児の視力測定は、当院を含め一般の眼科では難しい事が多いのですが、うちの子は大丈夫なのか気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。
以下に親御さんで注意できる点を挙げておきます。

・ 赤ちゃんの場合、動くものに関心を示すかどうか。
・ 幼児の場合、テレビや絵本などに関心を示すか
・ 片目を手で隠すと嫌がるか
・ フラッシュ撮影で、フラッシュの反射光が瞳の中心以外の所にある(斜視の可能性)
・ 瞳の大きさが左右異ならないか。形は丸形に近いか
・ 光を非常に嫌がらないか
・ 瞳が白っぽかったり、光ったりしていないか

 

子供の視力に関して、テレビゲームや悪い姿勢での読書等が眼に良くないといった事が良く言われます。
ピントの調節や近視化を考えると、対象物を眼に近づけすぎたり、画面を見続ける事は一般論としては良くないと思われますが、実際にどの程度悪影響があるかははっきりしない面があります。そのため一概に眼に悪いとは言い切れないのですが、少なくとも「良い影響を与える」事は考えられないため、やはり正しい姿勢と明るい環境での読書や、時間を限ってのテレビゲームなどは奨励されてしかるべきかと思われます。

 

●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索