• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

585:結膜弛緩とは

こんにちは、新宿東口眼科医院 です。

今回のメールマガジンのテーマは「結膜弛緩とは」です。

白目の部分を結膜といい、その部分がゆるんでいる状態を結膜弛緩症いいます。

当院では患者様の症状により、目薬を処方し様子をみていきます。目薬でも改善されない場合には弛緩した結膜を切除する手術を行う方針です。

 

 

原因

現在はまだはっきりと分かってはいませんが、顔のしわと同様に加齢による目のしわで、高齢になると段々症状がでてくることが多いといわれています。

そのほかには、コンタクトレンズの装用も悪化要因といわれています。

 

症状

眼球運動や瞬きをすることによって、ゆるんだ結膜が過剰に動くため「目がゴロゴロする」などの不快感をうったえます。その時に結膜がまぶたに挟まって刺激を受けることで結膜下出血を起こすこともあります。 また、涙は目頭にある涙点という小さな穴を通って鼻のほうへ流れていきます。結膜がゆるいことでその涙点をふさいでしまい、涙があふれて「目がしょぼしょぼする」「涙があふれる」などがあります。

その逆で、乾きを感じることもあります。下まぶたに沿って弛緩した結膜が存在するため、その部分に涙がたまり角膜がドライアイのような状態になります。

また、本当に涙の分泌量が少ないドライアイがあると、悪化の原因につながるため医師にご相談ください。

 

治療

まず、点眼薬で様子をみます。 目の乾きに対しては、人工涙液や角結膜上皮障害治療用点眼剤を、充血や目の炎症には抗炎症薬やステロイド薬を使用します。

 

※当院では処方箋を発行し、院外処方をしておりますので販売は一切しておりません。

この病気に対して処方している薬を表示しています。

 

手術

もし、目薬でも症状が改善されない場合には手術が適応になります。手術では弛緩した結膜を切除し、その後縫合します。

局所麻酔で15分ほどです。充血や異物感なども1週間ほどで落ち着いてきます。

当院でも手術を行っておりますので、ご相談ください。

 

 

上記は一般的な説明です。

症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

 

現在ウイルス対策のため、手指用のアルコール消毒の設置しております。

座席はソーシャルディスタンスを重視し、間隔を空けてお座りいただいています。

ご来院の際にはマスクをつけてご来院いただくようお願いいたします。


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索