• web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

599:眼の中に寄生虫っているの?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

だんだんと寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「眼の中に寄生虫っているの?」です。

 

寄生虫が原因の眼の病気としてアカントアメーバ角膜炎という病気があります。

アカントアメーバ角膜炎とは、アメーバの一種であるアカントアメーバが角膜に感染して起こる病気です。

この病気は、アメーバで汚染されたコンタクトレンズやコンタクトケースを使用することによって生じます。水道水での洗浄や保存、不潔な管理などが原因でコンタクトケースに付着したアメーバが細菌を餌にして増殖し、このアメーバが角膜の小さな傷から中に入り込み感染します。

 

症状としては、眼の強い痛み、涙目、白眼の強い充血、目ヤニが特徴です。視力の低下は、初期は軽度ですが徐々に見えにくくなり、進行すると重度の視力障害になります。

アメーバに対する特効薬がないため、治療は抗真菌薬を使用しますが、それに加えて感染した角膜表面を何度も削る治療を併用する必要があります。根治には何カ月もかかることがまれではありません。どうしても治らない場合は、角膜移植を余儀なくされる場合もあります。

 

アメーバは大変感染しにくい病原体です。正しくコンタクトレンズを使用していれば感染することはほとんどありませんから、この病気は予防することが大切と言えます。

1、コンタクトレンズの使用期間を守る。汚れたレンズケースは早めに取り替える。

 2、眼鏡とコンタクトレンズを併用する。

 3、異常を感じたら早めの眼科受診定期検査を受ける。

 4、決められたケア方法を守る。(水道水でのケアを行わない)

コンタクトレンズのケアを怠ると、レンズが汚れ、アカントアメーバ角膜炎の他、トラブルの原因になります。ケア用品は、取扱説明書にしたがって、正しくご使用ください。

 

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。

無断での記事転載はご遠慮ください。

本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください


診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索