新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

68:眼科で発見される内科疾患について

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 春とは名ばかりでまだ真冬のように寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは 「眼科で発見される内科疾患」から【ぶどう膜炎】をご紹介します。 ぶどう膜とは・・・ 眼の中の虹彩(茶目の部分を指し、カメラの絞りの役目をする)、毛様体(房水を産生したり、水晶体の厚みを変える筋肉のある部分)、脈絡膜(網膜の外層にあり、網膜を栄養する血管やメラニン色素に富んだ膜)の3つの組織を合わせてぶどう膜といいます。 ぶどう膜炎とは・・・ ぶどう膜が炎症を起こす病気をぶどう膜炎と言います。 ぶどう膜は血管が多い組織なので、炎症がぶどう膜だけでなく全身の他の臓器にも起こっていることがあります。これらの組織のいずれかまたはすべてに特異的な炎症を起こす疾患であり、全身疾患が背景にあったり、原因不明のものも少なくありません。 ぶどう炎の原因とは・・・ 日本で多いぶどう膜炎はベーチェット病、サルコイドーシス、原田病によるぶどう膜炎です。その他には膠原病、糖尿病、皮膚疾患、感染、悪性腫瘍などが原因のものもありますが、原因不明のぶどう膜炎も多く、その割合は30~50%と言われています。 ●ベーチェット病 全身の皮膚や粘膜の炎症を繰り返し起こす慢性の病気です。原因は分かっていません。ぶどう膜炎以外に口内炎、外陰部の潰瘍(かいよう)、皮膚に赤いしこりが出る、ひげそり負けをしやすいなどの炎症を伴うことがあり、神経や腸、血管にも炎症を起こすことがあります。これらの症状は一度にでてくるわけではなく、長い年月をかけて症状がそろい、初めてのベーチェット病と診断される場合も少なくありません。ベーチェット病の疑いがある時は定期的な経過観察が必要になります。これは厚生労働省の特定疾患医療に認定されています。 ●サルコイドーシス 全身に肉芽腫(炎症を起こした後に、治癒の過程でできる塊)ができる病気で慢性的なものです。原因は分かっていません。 ぶどう膜炎以外に皮膚や肺、リンパ節、心臓などにも病気を起こすことがあります。これも厚生労働省の特定疾患医療に認定されています。 ●原田病 メラノサイト(色素細胞)に対する自己免疫疾患で、リンパ球(白血球のひとつ)がぶどう膜や皮膚、毛髪にあるメラニン色素を持つ細胞を壊す病気です。 初期には頭痛、耳鳴り、めまいなどを伴うことがあります。発病から1~2ヶ月後には皮膚や頭髪の色素脱失が現れます。 ぶどう膜炎の症状は・・・ 炎症を起こしている場所や、程度によって多様な症状がでます。 ●視力低下 炎症によって眼球内に強い濁りが出てくると霧がかかったような見え方になり、視力が低下することがあります。炎症の経過が長期に及ぶ場合は繰り返す炎症によって眼の組織が傷つき視機能が低下することもあります。 硝子体(しょうしたい)(眼球の中にあるゼリー状のもの)に濁りが出ると、飛蚊症(ひぶんしょう)(虫のようなものが動いて見える症状)が起こります。硝子体の濁りは炎症がひいても残ることがあります。 ●充血 虹彩や毛様体に炎症が起こると、白目が赤く充血します。ぶどう膜炎による充血では、痛みを伴うことがあります。結膜炎の充血とは違い、ぶどう膜炎では眼脂(目ヤニ)は出ません。 ●痛み 炎症によって鈍い痛みを感じることがあります。 ●まぶしさ 普段よりも光をまぶしく感じたり、光を見ることで痛みを感じたりします。 上記以外の症状であっても、何か気になる症状がございましたら、早めにご来院頂き、 医師へご相談下さい。 ぶどう膜炎の治療は・・・ 原因によって治療法が違いますが、多くのぶどう膜炎には炎症を抑えるための薬として副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使います。副腎皮質ホルモンは投与の方法に点眼、内服、注射がありますが、ぶどう膜炎の原因や重症度によって使い方が違います。 副腎皮質ホルモン剤を使用する場合には、眼圧上昇などの副作用をチェックする必要があるので定期的な検査が必要です。また、急に薬をやめると、かえって炎症が強くなる事もあるので指示のとおりに薬を使うことが大切です。 虹彩炎、毛様体炎が強い場合には、虹彩が炎症によって水晶体と癒着するのを防ぐために散瞳薬(瞳をひろげる薬)を使うこともあります。 自己免疫によるぶどう膜炎には免疫抑制剤を使うこともあります。その他、感染によっておこるぶどう膜炎には、抗生物質を使用します。 病気の治療の基本は原因に対しての治療を行うことですが、多くのぶどう膜炎は原因が不明なので、炎症を抑える対症的な治療が中心になることも多くあります。症状を確かめながら薬の使い方を調整する必要があるので医師の指示どおりに通院することが大事です。 また、全身疾患に合併する場合は、目以外の症状も出現しますので、内科に紹介して共同して治療を行う場合もあります。 ぶどう膜炎は慢性に経過したり、炎症を繰り返したりすることが多い病気です。原因によっては炎症の発作を抑えるために長期にわたって薬を使うこともあります。 ぶどう膜炎と診断された時は、症状の経過や治療内容について書き留めておくと良いでしょう。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索