新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

96:心因性視覚障害

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 9月に入りましたがまだまだ残暑が厳しく感じられますね。 今週のテーマは、「心因性視覚障害」についてです。 「心因性視覚障害」とは、心理的なストレスが原因で、視覚に異常が発生する症状です。 おもに7~14歳くらいの子供の視力が急に落ちたり、視野が狭くなったりするなどの症状が現れることが多いようです。 <主な原因> 子供の置かれている家庭や学校で起こるさまざまな問題によるストレスが原因となっていることが多いようです。具体的な原因には次のようなものがあります。 肉親の死、両親の離婚、兄弟げんか、兄弟の比較、勉強の強制、メガネへの憧れ、塾やクラブ活動の負担、転校、友人とのけんか、いじめ、教師との不和など心の問題が引き起こす場合が多いようです。 <主な症状> 心因性視覚障害は目の心身症のひとつですが、なかでも最も頻度が高いのは視力の低下で、心因性視力障害とよんでいます。心因性視力障害の場合、近視や遠視や乱視があってメガネをかけても、メガネでは視力がでません。検査しても眼球自体には悪い所がない、このような視力障害は、小学生や中学生などの子どもに多くみられます。この他に視野の異常や色覚の異常、暗い所で物が見えない夜盲などの症状を伴うこともあります。視野の異常では、螺旋状視野や求心性視野狭窄がよくみられます。色覚では、見えるものが全部ピンク色に見えるなどの、色視症を訴えることもあります。また、心因性聴力障害を伴うこともあります。 <主な検査方法> 視力検査の他、この病気にかかせない検査に視野検査があります。正常では70度前後ある視野が異常視野を示し、螺旋状視野や求心性視野狭窄といった症状が現れた場合は、この病気が疑われます。更に原因となる心理的なストレスが明らかになれば、心因性視覚障害の可能性が大きいです。 <主な治療方法> 心因性視覚障害の治療で大事なのは、まず周囲の大人が騒がず、子供に理解を示してあげることです。視覚障害といっても、心の問題を取り払うことが重要です。子供に不安を与えないように、「悪い病気ではないので必ず治る」ということを理解させます。度が入っていないメガネをかけさせたり、点眼薬などで安心させたりする「暗示療法」も有効です。 定期的な検査を行い、経過を観察するだけでも、視力回復は、期待できます。この病気は1年以内に治ることが多く、3ヵ月以内でも70~80%の子供が視力1.0までに回復するものです。 7~8%は再発することもありますが、その場合は、心療内科などと連携して治療することが必要となります。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索