目を冷やす、温めるメリットデメリット | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

623:目を冷やす、温めるメリットデメリット

こんにちは。新宿東口眼科医院です。

11月も残すところあと1週間となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「目を冷やす、温めるメリット・デメリット」です。

 

 

目が疲れたときや重たく感じるとき、蒸しタオルや温かいアイマスクをする方がいらっしゃるかと思います。なんとなく楽になったり、気持ちよく感じたりする方も多いかと思いますが、これは目の周りが温められることで目とその周辺の血管を広がり、凝った筋肉を和らげる作用があるためです。

また「温め」は、疲れ目だけではなくドライアイにも効果があるとされています。

目の周り、まつげの生え際にはマイボーム腺という目の表面を覆い、涙の蒸発を防ぐための脂を分泌する点がいくつも存在しています。この穴が詰まってしまうことをマイボーム腺梗塞といいますが、梗塞が起きると油分の分泌量が減少してしまいます。油分には水分を覆う膜としての役割がありますので、その量が少なくなると涙が蒸発しやすくなり、ドライアイを引き起こすことがあるのです。

対して、目元を温めると詰まった脂が溶かされて流れが改善し、油分の分泌が促されるので、前述の通りドライアイの症状の改善を期待することが出来るというわけです。

 

温める方法は前述したとおり蒸しタオルや市販のホットアイマスク等を使ってもいいですし、入浴時に目の周りを温めたり、温かいシャワーを目に当てたりすることも有効です。

また、当院にはアイホットという器機もございますので、ご希望の場合はご受診の際お気軽にお申し付けください。

 

ここまで目を温めるメリットについてお伝えをしてまいりましたが、目を温めることで症状が悪化することや、逆に冷やした方がよいとされる場合もあります。それは、目が充血しているときです。結膜炎等の症状や寝不足が原因で目が充血しているときは、目を温めるのは逆効果で、充血を促進させてしまいます。この場合は逆に冷やすことで炎症を抑えることができ、打撲による腫れや痛みにも「冷やし」が効果的とされています。

 

いずれの作業もご自宅で手軽に行うことが出来ますが、個人での判断が難しい場合や何らかの眼疾患をお持ちの方は逆効果となる場合もあります。症状が改善しない場合なども含め、少しでもご不安がある場合は眼科医にご相談ください。

 

 

  • 一般の方向けですので、医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
  • 既に治療中の方は主治医の判断を優先してください。

 

 

 

  • ウイルス感染症に対する当法人の取り組みについてのご紹介

当院にはアルコールを主成分とする手の消毒液を複数設置しており、ご自由にお使い頂けます。また、ウイルス殺菌効果のある弱酸性次亜塩素酸水を使う専用加湿器を複数台設置しております。

スタッフはマスクを着用させていただき、咳が出てマスクを付けていない患者様にはマスクをお渡ししております。

当院および機器の消毒を徹底し、常に換気をしております。

なお当院は通常通り診療を行っております。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索