点眼麻酔とは | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

631:点眼麻酔とは

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
寒い日が続きますが、皆様お変わりありませんか。

 

今回のテーマは「点眼麻酔とは」です。

 

 

点眼麻酔とは

薬を点眼し、眼の表面に麻酔をかけることを指します。液体状の麻酔薬となっており、眼球の表面に点眼して行う表面麻酔の一つです。

 

 

~点眼麻酔の用途~

医師が診察中に眼の硬さ(眼圧)を測る場合や、角膜の手術や処置を行う場合、白内障手術、レーシック手術、ウイルス性結膜炎の検査などにも用いられています。
目薬なので負担が少なく、かつ注射のように眼に傷をつけることもありません。

 

 

~点眼麻酔の種類・効果~

オキシブプロカイン塩酸塩やリドカイン塩酸塩用いた、ベノキシール点眼液やネオベノール点眼液、などの点眼麻酔液があります。

また点眼時にしみる感じをおぼえることはありますが痛みを伴うことはありません。

局所麻酔なので、手術などに使う際も意識ははっきりしています。そのため耳も聞こえますし、しゃべることもできます。

麻酔の効果は10~20秒後に現れ、持続時間はおよそ15~20分間ほどです。(効果時間については、成分によって効果時間が異なることもあります。)

当法人では国家資格を持った視能訓練士と看護師、医師が点眼を行っております。

手術などで長時間麻酔の効果を必要とする際は、都度点眼を行いながら麻酔の効果が切れないようにしています。

 

 

  • 一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
    ●無断での記事転載はご遠慮ください。
    ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
    ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索