結膜下出血ってなに?治療法は? | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

636:結膜下出血ってなに?治療法は?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

 

今週のテーマは

「結膜下出血ってなに?治療法は?」です。

 

・結膜下出血とは

結膜下出血とは、結膜下の小さい血管が破れて出血したものです。

程度はさまざまで、黒目の横がわずかに赤くみえる程度のものから黒目の周囲が真っ赤で、

黒目の下の方には血が固まったようになるものまであります。

多少、目がごろごろすることもありますが、痛みなどはありません。

自覚症状がないことが多く、周りの人に指摘されて気付くケースがほとんどです。

充血とは違い、赤い線が増えるのではなく、赤く染まったように見えます。

 

・原因

なぜとつぜん結膜下出血がおこるのかははっきりしていませんが、結膜は強膜のうえにピンと張るのではなく、ゆるく余裕をもって覆っているので、 まばたきのときに結膜が引っ張られて結膜下出血をきたすのではないかと言われています。原因はさまざまで、くしゃみ・せき、過飲酒、月経、水中メガネの絞め過ぎなど些細なことでも出血する場合もあります。

 

症状

 

・治療法

多くの場合、出血は自然と1~2週間で自然に吸収されてきれいな白目に戻ります。

出血量が多い場合でも時間がかかることもありますが、必ず出血は吸収されますが、以下の場合は眼科を受診してください。

・眼外傷を受けた場合

・出血以外に痛みやかゆみ、眼脂を伴う場合

・ひんぱんに出血をくりかえす場合


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索