雪目とは | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

654:雪目とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

梅雨明けを心待ちにする今日このごろでございます。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

今回のテーマは「雪目とは」です。

雪目とは通称、雪眼炎(せつがんえん)ともいいます。

紫外線の強い場所、たとえばスキー場、海水浴場、高山などで角膜が直接かつ長時間紫外線に曝露(さらす)された場合に起こる目の障害です。

紫外線を浴び続けてしまうと、角膜の表面に炎症をきたし、目の痛みや充血、涙目、異物感、光のまぶしさなどの症状があらわれます。

いずれも症状は数時間後に出てきます。

 

通常、紫外線のほとんどは角膜で吸収されますが、波長の長い光は目の奥にある水晶体や網膜にまで達し、白内障などのトラブルにつながる可能性があるので注意が必要です。

 

なかでもスキー場・ゲレンデでは、太陽から直接の紫外線はもちろん、雪面から反射される紫外線を合わせると、市街地のおよそ2倍もの紫外線が眼に入ってきます。

 

ではスキー場で紫外線から目を守るには?

①紫外線カットのゴーグル、サングラス、メガネをかける。

UVカットものは紫外線を90%カットできると言われています。

 

②ツバの付いた帽子をかぶる。

つばのついた帽子なら直射日光をさえぎることができます。ただし、つばのついた帽子だけでは、大気中の散乱光や照り返しによる紫外線をカットするのは難しくなります。

 

③UVカットのついたコンタクトレンズを付ける。

UVカット(※)コンタクトレンズはくろ目全体をカバーするので、サングラスのすき間から入ってくる紫外線対策になります。

 

UVカットコンタクトレンズ+サングラス+つばのついた帽子で二重三重の紫外線対策をすることで、より紫外線をカットすることが可能になるでしょう。

 

 

これから紫外線も強い時期になってまいります、直射日光や紫外線を浴びて少しでも

目に違和感を感じた場合は早めの眼科の受診をおすすめいたします。

 

 

  • 上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。
  • 一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索