後発白内障とは | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

661:後発白内障とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか。

今週のテーマは【後発白内障とは】です。

 

後発白内障とは、白内障手術後におこる合併症の一つです。

白内障手術では、水晶体嚢と呼ばれる部位に眼内レンズを挿入することが一般的な手術方法ですが、その白内障の手術後に後遺症として眼内レンズを包む嚢が混濁することを後発白内障と呼びます。手術をした患者さんの約20%が5年以内に発症することが多く、比較的高い頻度でおこる白内障の術後合併症です。

 

【原因】

白内障手術では、混濁した水晶体を取り除いて、水晶体嚢に眼内レンズを挿入していくのですが、その水晶体嚢には一部の細胞が残留しています。

この細胞は時間経過とともに増殖を繰り返していき、その増殖した細胞により眼内に透明性がなくなるほどの濁りを起こし、後発白内障を発症させています。

 

【治療方法】

治療は麻酔薬を点眼して、レーザー用のコンタクトレンズを装着します。

レーザーを後嚢に照射して濁った後嚢の水晶体嚢を切開します。

これにより眼内に入ってくる光を調整します。

レーザーによる治療は通常、痛みもほとんど無く、翌日には視力が回復します。

 

後発白内障を完全に予防することは難しいため早期的な発見が必要ですので、専門医の指示・意見のもと定期的な検診を受診することが不可欠。

当院では、YAGレーザーを設置し治療を行っておりますので、ぜひご相談下さい。

 

  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般路の概括的記述ですので、個々人の診療治療には必ずしも当てはまりません。
  • すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索