弱視の治療は子供の頃やらなくてはダメ? | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

664:弱視の治療は子供の頃やらなくてはダメ?

こんにちは、池袋サンシャイン通り眼科診療所です。

今回のメールマガジンのテーマは「弱視の治療は子供の頃やらなくてはダメ?」です。

 

弱視とは?

人間の目は、生まれた時から大人のようにしっかり見えるわけではなく、生後まもなくの視力は0.01程しかありません。日常生活において、様々なものを見ることで外部からの刺激が加えられ、それが視力の発達を促します。脳が刺激されるうちに少しずつ機能が発達していき、3歳で1.0が見えるようになるまで成長します。

しかし、何かしらの原因により視覚的な刺激が正常に伝わらなくなると、視力の発達に影響を受けることになります。このようにして生じた視力障害を弱視と呼びます。

 

なぜ弱視の治療は子供の頃にやらなくてはいけないのか

 視覚の感受性は1歳半頃にピークに達し、8歳頃に消失すると言われています。そのため弱視の予防には、早期に発症に繋がる原因を取り除き、視力の発達を促すことが重要になります。とりわけ視覚感受性が高いのは3歳までであり、それ以降は感受性が低下、視力の成長度合いも低くなります。このため、弱視治療を開始する年齢が3歳までの場合は、小学校入学までに視力が0.8以上になることがほとんどですが、4歳以降の場合、視力を改善させるためには、かなり長期間の治療が必要になる場合が多くなります。

「視機能が発達できる感受性期」である7~8歳頃を過ぎてからでは、弱視治療の効果はあまり期待できず、仮に治療を開始しても、既に手遅れという場合が圧倒的に多いです。適齢期に治療を行えなかった場合、たとえ眼鏡やコンタクトレンズを使用しても1.0や1.2といった視力を出すのが難しくなります。

こうした理由から、弱視の治療は子供の頃、とりわけ3歳までに始める必要があります。それまでに始めることができれば、治療の効果をより期待できます。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索