サングラスってしたほうがいいの? | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

666:サングラスってしたほうがいいの?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

空も秋色をおびてまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「サングラスってしたほうがいいの? 」です。

 

〇サングラスの機能と効果

 サングラスには、ファッションアイテムとしてはもちろん、機能性として強い光を和らげ、瞳を守る役割

 があります。また、眩しさの軽減というだけでなく、太陽光に含まれる「紫外線」から目を守り、

 風・埃・花粉や衝撃・過剰な情報・視線などの外的要因からも目を守り、視界を見やすくしてくれます。

 

〇「紫外線」が目に与える影響

 肌への紫外線対策は日焼け止めで行っている方が多いと思いますが、目への紫外線対策も必要です。 

 肌と同じように、目に紫外線が入った場合も目はダメージを受けています。 

 たとえば、角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が

 出ることがあります。これを電気性眼炎(雪目)といいます。

 さらに、ダメージを受け続ければそれは蓄積され、目の細胞を破壊してしまいます。

 紫外線を浴び続けると、白内障、角膜炎、黄斑変性症の原因になると言われています。

 

 また、お肌が紫外線を受けていなくても、目が強い紫外線を受けると、日焼けと同じ現象が起こるということが実証されています。

目に強い紫外線があたり、目の細胞にダメージが生じると、脳はメラニン色素を分泌するよう指令を出します。結果、肌に強い紫外線が当たらなくても、シミ・そばかすができる原因になります。

日焼けや眼病リスクを抑制するためにも、紫外線カット機能が付いたサングラスは必須といえます。

 

〇サングラスの選び方と注意点

 眩しさを防ぐにはレンズの「可視光線透過率」を確認して色の濃いものを選びます。

 ただし、色が濃い程視界が暗くなって瞳孔が開き、紫外線をより吸収してしまいます。

 紫外線から目を保護するという目的で考えると、重要なのは「紫外線カット率」「紫外線透過率」です。

 紫外線カット率は数値が高いほど、紫外線透過率は数値が低いほど、UVカット効果が期待できます。

 

 サングラスは、正面からの紫外線には有効ですが、側面から入りこむ紫外線は防ぎきれません。

しかも、サングラスと肌とのすき間から入った紫外線が角膜周辺で屈折し、集中することで        

より大きなダメージを瞳に与えてしまいます。

サングラスを選ぶときは、上方や横からの紫外線を考慮して、レンズの大きいもの、            

目を覆うように顔の形にフィットしたものが良いでしょう。

                                             

 

  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮下さい。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索