遠近両用コンタクトの仕組み | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

679:遠近両用コンタクトの仕組み

こんにちは。新宿東口眼科医院です。

段々と寒さが厳しくなってきておりますので、体調を崩されないようお体ご自愛下さい。

今回のテーマは、『遠近両用コンタクトの仕組み』です。

 

40歳前後から徐々に手元が見にくくなるのは、加齢によりピントの調節能力の幅が狭くなってきているためで、いわゆる老眼ですが、その矯正方法のひとつとして遠近両用眼鏡や遠近両用コンタクトが挙げられます。 遠近両用というと、遠くも近くも良く見えるオールマイティなイメージを持たれる方もいらっしゃるかも知れませんが、例えば裸眼で遠くが良く見える人などは、手元用眼鏡(老眼鏡)による矯正の方が合っている場合もあり、その人の現在の視力矯正方法や生活スタイル、何が見えなくてお困りか等を考慮していく必要があります。

 

★遠近両用コンタクトの種類 

通常のコンタクトと同様にハードとソフト両方に遠近両用があります。また、ソフトには使い捨て(ディスポーザブル)と使い捨てでない在来型(コンベンショナル)があるのも通常のコンタクトと同様です。主流は使い捨てのソフトレンズで、交代視タイプ累進多焦点(同時視)タイプの2種類があります。レンズの構造は、大きく分けると2つに分類されます。 

交代視タイプ・・・遠くを見るための度数が中心部に、近くを見るための度数が周辺部に分かれていて、視線を上下に変える事により近くや遠くを見させる設計。ハードコンタクトはほとんどがこのタイプです。

例)ホヤ マルチビューEXアルファ…周辺部に近見視が楽になる配置で、遠方もすっきり

 

 同時視タイプ…同時視タイプのレンズは、1枚のレンズの中に近用と遠用の度数が入っているので、遠用部と近用部を通してクリアな情報とぼやけた情報が同時に脳に送られます。脳には、見たいクリアな像だけを無意識に認識し、それ以外のぼやけた像を抑制する機能があります。同時視タイプのレンズは、脳が持つ機能を利用し、遠くも近くも見ることが出来るように考えられています。 ソフトコンタクトレンズは全てこのタイプです。

例)アルコン デイリーズトータルワンマルチフォーカル…使い捨てタイプ初のシリコン

  メニコン プレミオ遠近両用…近距離から遠距離までバランスよく見えるデザイン

 

遠近両用は眼鏡でもコンタクトでもある程度の慣れが必要で、視力検査の段階では良く見えても、実際に使って見ると違和感を感じる場合もあります。また、昼と夜とでは見え方が異なる場合もあります。そのため、遠近両用コンタクトの場合なら特に、まずはトライアルからお試しでき、処方変更などに柔軟に対応してくれる眼科・販売店を選んだ方がよろしいかと思います。

 

  • 一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。
    ●無断での記事転載はご遠慮ください。
    ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
    ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索