遠視と老眼は何が違うの? | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

684:遠視と老眼は何が違うの?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

今回のテーマは「遠視と老眼は何が違うの?」です。

 

遠視と老眼(眼科では「老視」といいます)が同じものと思われている方が多いかと思いますが、実は違います。眼鏡やコンタクトレンズで矯正する際にどちらも凸レンズを使用するため混合されがちなのですが、原因が異なります。

遠視は屈折異常であるのに対し、老視は老化による調節異常です。

 

〇遠視

遠視は年齢関係なく、近視や乱視と同じ「屈折異常」の一つです。 

調節を休めてリラックス状態だと網膜の後ろにピントが合ってしまうため、遠くを見る時は少しの調節で見え、近くを見る時は強く調節をしないといけません。

遠くでも近くでも調節が必要になり、疲れやすい目と言えます。

 

〇老視

老視は、調節をするときに働く水晶体が加齢によって硬くなることにより、ピントを合わせづらくなる現象のことです。遠視と違い、40歳を越える頃から誰にでも起こる現象で、屈折異常ではなく「調節異常」の一つです。

 

○老視になると・・・

遠くを見るときよりも、近くを見るときの方がより多くの調節力が必要なため、老視が始まると、とくに近くの物にピントを合わせるのが難しくなります。

自分はまだ若いからと、近くが見えにくいのを我慢して無理をすると、肩こり、目の疲れ、頭痛、吐き気などの症状が現れます。

このように遠視と老眼は違うものですが、どちらも目の疲れを中心とした症状に体の疲労が加わります。

「最近目が疲れやすいなぁ」「近くが見えづらくなってきた」と感じることがあれば、

眼科の医師に相談してみましょう。

 

  • 一般の方向けですので、医学用語は必ずしも厳密ではありません。
    ●無断での記事転載はご遠慮ください。
    ●本文中の内容は、一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。
    ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索