コンタクトが外れないときの対処法 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

690:コンタクトが外れないときの対処法

こんにちは。新宿東口眼科医院です。

今回のテーマは、コンタクトが外れないときの対処法です。

 

 

コンタクトレンズが外れない原因

コンタクトレンズが外れない原因として、「目に張り付いてしまっている」「レンズが滑りやすく掴みにくい」「目の中でレンズが行方不明になってしまった」といったことが挙げられます。たとえ外れにくい場合でも、無理やり取ろうとするのは禁物です。目に張り付いたレンズを力づくで外そうとすると角膜を傷つけてしまう可能性もあるので、もしそのような場合には、落ち着いて対処する必要があります。ここでは各々の対処法について説明していきます。

 

外れない場合の対処法について

・「目に張り付いてしまっている」場合

レンズが目に張り付く要因として、目の乾燥が考えられます。長時間の装用や乾燥した室内にいることなどの理由により引き起こされます。その場合は、コンタクトレンズ用の人口涙液を1滴点眼し、何度か瞬きをしていただくと外れやすくなります。またレンズのBC(ベースカーブ)が合っていないが故に張り付いてしまっている場合もあるので、あまりに外しにくいようであれば、眼科を受診し、自身に合ったBCのレンズを選んでいただくと解消される可能性があります。

 

・「レンズが滑りやすく掴みにくい」場合

レンズそのものがツルツル滑ってしまうと、掴みづらくなかなか外せないことがあります。レンズの素材やデザインによって、外しやすさに差があるようです。滑ってしまう場合には、張り付いてしまったときと同じように点眼をする、もしくは指先を少し水で濡らしていただくと外しやすくなります。

 

・「目の中でレンズが行方不明になってしまった」場合

コンタクトレンズを外せない要因の一つに「そもそもレンズがどこに行ってしまったのか分からない」ことが挙げられます。そのような場合でも、まずは慌てずに目の中にレンズが入っているかを確認してください。コンタクトレンズは、目の構造上、決して裏にまわることはありません。鏡を見ながら、視線を左右上下にゆっくり動かして、レンズがどこにあるかを確認してください。なかなか見つからない場合、強引に外そうとすると角膜を傷つけてしまう危険性があるため、その際は無理をせず眼科を受診してください。

 

 

※上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

※一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。

※無断での記事転載はご遠慮ください。

※本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索