円錐角膜とは? | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

697:円錐角膜とは?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

今回のテーマは「円錐角膜とは?」です。

まず円錐角膜とは、進行性の角膜疾患であり角膜が菲薄化し角膜下方が次第に突出してくる疾患です。すなわち、角膜の屈折率が進行により変化していくので不正乱視と呼ばれる眼鏡やソフトコンタクトレンズでは矯正しにくい乱視が進行します。10代~20代から発症し、40代程まで進行が続くと言われています。現在でも原因は不明であるが多くはアトピー性体質との関連があると報告されています。

症状
としては、まず屈折率の変化による視力低下の自覚や乱視の進行による歪みを自覚します。初期の頃は眼鏡でもソフトコンタクトレンズでも矯正可能で生活に必要な視力を充分に確保出来る可能性があります。しかし進行とともに角膜の突出が強くなってくると、眼のカーブに対してソフトコンタクトレンズのカーブが全く合わなくなってくる為矯正出来なくなってから自覚して来院される方をよく目にします。
さらに、進行とともにイメージとしては角膜がどんどん圧縮されるような状態になってくるので角膜に皺が寄って混濁に至り濁ったような見え方にもなる可能性があります。

検査
 検査としては基本的な視力検査にて矯正が現状どこまでできるか、目の屈折異常を機械で測り、角膜形状解析と呼ばれる機械で形を解析します。

ただ、進行するか否かを確認したい為定期的なご来院にてどのくらいで進行しているのか程度を測らないといけないです。その為定期検査のスパンはDrにもよるのですが、指示された月ごとにチェックすることをお勧めいたします。

治療
 残念ですが、角膜突出の進行を止めることは出来ないです。
視力維持の対処療法として、軽度から中期であればハードコンタクトレンズの装用が第一選択になってきますが、ソフトタイプのコンタクトレンズと違って装用時の異物感が強いのでコンタクトレンズのベースカーブ選定が重要になってきます。
他には重症度になってくると、手術にて角膜の表面にリングを埋め込む手術、角膜を移植してしまう手術の場合もありますが当院ではそこまでは行っていない為、他院様へご紹介という形になってしまいます。

もしも、ご自身が以前から比べて乱視が強くなった・眼鏡やソフトコンタクトレンズで矯正しても視力が出づらくなったなどの症状があれば一度ご相談下さい。

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索