初めてのコンタクトレンズ、使い始めるまでの流れ | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

711:初めてのコンタクトレンズ、使い始めるまでの流れ

こんにちは。 新宿東口眼科医院でございます。 暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 今回のテーマは「初めてのコンタクトレンズ、使い始めるまでの流れ」です。 必要となる検査等、初めてコンタクトレンズを使用するまでの一連の流れをご紹介します。 ① 問診 眼に気になる症状がないか、どのような用途でコンタクトレンズを希望するか、などを伺います。 ② 検査 オートレフケラトメーターという機械で、近視、遠視、乱視の度合い、角膜の曲率、眼圧などを測定します。得られた数値を目安に、視力検査を行います。 ③ 診察 コンタクトレンズ装用に問題ないか、眼の健康状態を確認します。 ④ コンタクトレンズ選び 装用期間、素材、用途によってレンズの種類は様々です。検査員と相談しながら、患者様のニーズに合ったレンズを選びます。選んだレンズを実際に装着してもらい、再び視力検査を行います。希望の見え方になるように、必要であれば、度数調整を行います。 ⑤ 診察 今度は、コンタクトレンズが眼に入った状態で診察室に入っていただきます。選んだコンタクトレンズがちゃんと眼に馴染んでいるか、医師に確認してもらいます。 ⑥ 付けはずしの練習、説明 最後に、患者様自身でレンズを付けはずし出来るように練習をして頂きます。一人で出来るようになるまでの時間は個人差が大きいので、想像以上に時間がかかる場合があります。時間に余裕を持ってお越しください。 一日使い捨て以外のレンズ(2週間交換タイプなど)を使用される方にはレンズのケア方法やケア用品の説明があります。 また眼の健康を守るために、コンタクトレンズを使用するうえでの注意事項の説明などもさせて頂きます。 ⑦ お会計 お会計の際に、コンタクトレンズの処方箋をお渡しします。処方箋を持って、コンタクトレンズ販売店に行くと、コンタクトレンズが購入できます。 以上が、初めてコンタクトレンズを使い始めるまでの流れになります。 コンタクトレンズが、高度管理医療機器です。必ず眼科で処方してもらうようにしましょう。 また、ご自身でも気がつかない症状や変化など発見することが出来るので、眼のトラブルを避けるためにも定期的に検査をするようにしましょう。 ※一般の方向けですので医療用語が必ずしも厳密ではありません。 ※無断での記事転載はご遠慮ください。 ※本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診察治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索