新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

網膜裂孔

網膜裂孔
散瞳(瞳孔を広げること)のうえ、眼底検査によって状態を把握した後、必要に応じてレーザー光凝固術を施行しております。

網膜裂孔とは

網膜裂孔は網膜の破れ目のことで、進行すると網膜剥離をひきおこす可能性があります。大きく分けて、網膜の変性・萎縮によって生じる萎縮性円孔という丸い穴と、硝子体と網膜が癒着し、網膜が硝子体にひっぱられて生じる牽引性裂孔という裂け目のふたつに分けられます。後者の方が網膜剥離につながりやすいといわれています。
網膜裂孔
網膜の写真(右目)

網膜裂孔の主な原因

1.加齢による後部硝子体剥離

眼球内部は硝子体で満たされていますが、年齢と共に萎縮していきます。この時に網膜に弱いところがあったり、硝子体と網膜の癒着が強いと、網膜に穴や裂け目が出来て発症します。

2.強度近視

近視が強いと眼球の奥行きが長くなり、網膜に薄く弱い部分が出来てしまうことがあります。この部分が萎縮する時に、網膜円孔という丸い穴ができて発症します。

3.眼球打撲

激しいスポーツや転倒などで頭部や眼を強くぶつけると、急激に眼球の変化が生じて発症します。

網膜裂孔の主な症状

代表的なものは「飛蚊症」、「光視症」です。黒い点やゴミのようなものが見えるのが飛蚊症、光が当たっていないのに光を感じるのが光視症ですが、どちらも加齢や近視との関係でおきる硝子体混濁が原因のものと判別しづらく、見えるものが急に変化したり、ゴミなどの浮遊物が増えた時は特に注意が必要です。
また、裂孔・円孔が進行し剥離を引き起こしていると、視力低下や視野の欠損が生じることもあります。

網膜裂孔の主な検査方法

視力検査をして、その後眼底の詳しい検査をします。

眼底検査

眼底にある網膜の状態をくわしく調べるために行います。検査の前に目薬をさして瞳孔を開きます。まぶしさを感じたり、近くが見えづらくなる状態が3~5時間続きますが、自然に元に戻ります。

網膜裂孔の主な治療方法

レーザー光凝固術

裂孔、円孔の周囲をレーザーで焼いて固めることにより、それ以上広がったり、そこから硝子体の水分が網膜の下に入り込まないようにします。

関連疾患

上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。
新宿東口眼科医院では網膜・硝子体の担当医による診察を行っております。

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師がドクターズファイルに掲載されました新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索