新宿東口眼科医院

平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

原田病

原田病の症状・原因の説明です。
当院では、瞳孔を広げて眼の奥(眼底部)を詳しく診る眼底検査をしております。

原田病とは

全身のメラニン細胞に対する免疫反応が高まったためにおこるぶどう膜炎の一種が原田病で、日本人などの有色人種におこります。かつて原田病は虹彩炎の症状 が著しい「フォークト・小柳病」と、脈結膜炎から網膜剥離を生じる「原田病」として別々の病気と考えられていましたが、どちらも経過中に眼底や全身の色素 が薄くなっていくことから、同じ病気と考えられるようになり、フォークト・小柳・原田病あるいは原田病と呼ばれるようになりました。

原田病の症状

原田病は発熱、頭痛、全身倦怠感などのかぜ症状で始まり、急に両目がかすんだり、物がゆがんで見えたり、見えなくなったりします。
全身症状として、めまい、耳鳴り、難聴もともないます。髄液検査では髄膜炎がみられます。その後、頭髪、まゆげ、まつげが抜けたり、白髪化したり、また、皮膚に白斑が見られるようになります。

原田病の特徴

両眼に著しい虹彩炎、脈結膜炎による網膜剥離、視神経乳頭の浮腫が、原田病のぶどう膜炎の特徴です。

原田病の治療

原田病の治療としてはステロイドの全身投与が行なわれ、その後、内服でステロイド量を徐々に減量します。通常、原田病では、数か月におよぶステロイド治療 が必要です。また、虹彩炎に対するステロイドや散瞳剤の点眼も行なわれます。ステロイド大量投与が行なわれる以前は、ぶどう膜炎が慢性化したり、白内障緑内障、 眼底萎縮のために、重篤な視力障害を生じる場合が少なくありませんでした。現在では、90%以上で良好な視力が得られるようになりましたが、一年以上の長 期間にわたってステロイド治療が必要となる場合もあります。原田病の発病後、早期にステロイド大量投与を開始することが原田病の予後の決め手となります。

関連疾患

医師のご紹介

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医、視覚障害者認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師がドクターズファイルに掲載されました新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤1名/非常勤5名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

眼の病気について

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索