新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

252:黄斑変性とは

こんにちは。新宿東口眼科医院です。さわやかな季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。さて、今回のテーマは「黄斑変性とは」です。 眼の奥には、網膜という外界から入ってきた光を感じ取るフィルムの役割を果たす組織があり、その中心の感度が良い部分を黄斑といいます。黄班変性は、黄斑に何らかの変性が起こる病気なのです。 「原因」 黄斑変性は、萎縮型と滲出型に分類できます。 ・萎縮型:主に加齢によって起こり、症状の進行は比較的遅いことが特徴です。 ・滲出型:網膜の毛細血管が詰まると「新生血管」と呼ばれる細くて脆い血管をつくりだします。そこから血液成分が染み出すことで起こります。症状は急速に進行します。 黄斑変性の原因は、未だ完全には解明されておらず、現在もさまざまな研究がなされています。 「症状」 ・線や文字などが歪んで見える(変視症) ・見たいものの中心が見えない(中心暗点) ・視力低下 ・遠近感が掴めない(片眼性の場合) など 「検査」 ・眼底検査…目薬で瞳を開き目の奥を観察します。 ・アムスラーチャート…格子状の図を用いて歪み等の有無を調べます。 ・OCT(光干渉断層計)・・・網膜の断層写真を撮影します。 ・蛍光眼底造影検査・・・造影剤を血液中に流し、血液成分の滲出の有無や血流を調べます。(新宿東口眼科医院で行うことが出来ます。) など 「治療」 以下の治療法は滲出型に対する治療法で、萎縮型に対する治療法は、現在のところはありません。 ・レーザー光凝固術・・・新生血管を強いレーザーで焼き固める方法です。主に黄斑から離れた病変に使用します。 ・光線力学的療法(PDT)・・・光に反応する薬物を注射し、網膜の痛んでいる部分に弱いレーザー照射をする方法です。 ・抗血管新生治療薬・・・体内の新生血管を増殖させる物質(VEGF)に対する抗体を眼に注射し、新生血管の成長を抑える治療です。 ・薬物療法・・・内服薬やサプリメント(ルテインなど)で治療・予防をする方法です。 など 不確定要素が多く、決定的な治療法はまだ確立されていません。 症状が強いと、眼鏡での矯正や治療を行っても、日常生活に十分な視力が得られなくなることもあります。治療や手術等が必要な場合には、適切な病院へのご紹介も行っております。お心当たりのある方は早めに受診していただき、医師へご相談下さい。 変性とは」です。 眼の奥には、網膜という外界から入ってきた光を感じ取るフィルムの役割を果たす組織があり、その中心の感度が良い部分を黄斑といいます。黄班変性は、黄斑に何らかの変性が起こる病気なのです。 「原因」 黄斑変性は、萎縮型と滲出型に分類できます。 ・萎縮型:主に加齢によって起こり、症状の進行は比較的遅いことが特徴です。 ・滲出型:網膜の毛細血管が詰まると「新生血管」と呼ばれる細くて脆い血管をつくりだします。そこから血液成分が染み出すことで起こります。症状は急速に進行します。 黄斑変性の原因は、未だ完全には解明されておらず、現在もさまざまな研究がなされています。 「症状」 ・線や文字などが歪んで見える(変視症) ・見たいものの中心が見えない(中心暗点) ・視力低下 ・遠近感が掴めない(片眼性の場合) など 「検査」 ・眼底検査…目薬で瞳を開き目の奥を観察します。 ・アムスラーチャート…格子状の図を用いて歪み等の有無を調べます。 ・OCT(光干渉断層計)・・・網膜の断層写真を撮影します。 ・蛍光眼底造影検査・・・造影剤を血液中に流し、血液成分の滲出の有無や血流を調べます。(新宿東口眼科医院で行うことが出来ます。) など 「治療」 以下の治療法は滲出型に対する治療法で、萎縮型に対する治療法は、現在のところはありません。 ・レーザー光凝固術・・・新生血管を強いレーザーで焼き固める方法です。主に黄斑から離れた病変に使用します。 ・光線力学的療法(PDT)・・・光に反応する薬物を注射し、網膜の痛んでいる部分に弱いレーザー照射をする方法です。 ・抗血管新生治療薬・・・体内の新生血管を増殖させる物質(VEGF)に対する抗体を眼に注射し、新生血管の成長を抑える治療です。 ・薬物療法・・・内服薬やサプリメント(ルテインなど)で治療・予防をする方法です。 など 不確定要素が多く、決定的な治療法はまだ確立されていません。 症状が強いと、眼鏡での矯正や治療を行っても、日常生活に十分な視力が得られなくなることもあります。治療や手術等が必要な場合には、適切な病院へのご紹介も行っております。お心当たりのある方は早めに受診していただき、医師へご相談下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索