新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

298:糖尿病性網膜症とは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。暑い日が続きますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。今回のテーマは「糖尿病網膜症とは」です。 1)糖尿病網膜症とは 糖尿病の三大合併症の一つです。血糖の高い状態が続く事により網膜血管の閉塞や、新生血管の増殖、硝子体出血などをきたします。 2)Davis分類 2-1)単純糖尿病網膜症 毛細血管瘤、点状出血、斑状出血、硬性白斑などをきたします。眼科的な自覚症状はほとんどありません。 2-2)前増殖糖尿病網膜症 出血や硬性白斑の増加、軟性白斑、血管の拡張などをきたします。かすみなどを訴えることもありますが、多くの場合で自覚症状はありません。 2-3)増殖糖尿病網膜症 新生血管が増殖し、硝子体や網膜へ伸びていきます。新生血管緑内障や、新生血管が破裂することによる硝子体出血や網膜剥離を発症し、飛蚊症や視力低下をきたします。 3)糖尿病網膜症の検査 3-1)精密眼底検査 散瞳剤を点眼し瞳孔を開き、眼底の状態や疾患を調べる検査です。 3-2)光干渉断層計(OCT) 近赤外線の反射を調べ、網膜の浮腫などを観察することのできる検査です。 3-3)蛍光造影眼底撮影 造影剤を静脈に注射し、網膜血管の漏出などを観察することのできる検査です。 4)糖尿病網膜症の治療 内科的治療:適切な運動や食事療法を行い血糖のコントロールを行います。 網膜光凝固術:レーザーで網膜を焼き固め新生血管の増殖を抑制し、焼いた部分の網膜症の進行を阻止します。 硝子体手術:網膜剥離や硝子体出血が起こった場合、手術をして硝子体の切除や薬物注入・膜の切除などを行います。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。 ●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28