新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

369:光がまぶしく感じるとき

こんにちは。新宿東口眼科医院です。 まだまだ寒い日が続きますので、風邪には気を付けましょう。 今回のテーマは「光がまぶしく感じるとき」です。 まぶしいと言っても、目の様々な臓器が問題となっていることがあります。 原因と考えられる眼の病気 【ドライアイ】 目の表面(角膜)は、涙によって覆って、目の表面を滑らかにしています。 しかしドライアイでは涙が減少、質が低下する事で涙の層が壊れ、 目の表面がぼこぼこした状態になります。 そのため、光が正しく屈折する事ができなくなり、光が眼の表面で曲げられたり、 乱反射し、まぶしいと感じます。 【虹彩炎】 黒目(角膜)のすぐ後ろに透けて見えるいわゆる茶目を虹彩といい、 目の中に入ってくる光の量を調節するカメラの絞りの役割をしています。 虹彩炎を起こしていると光の量の調節ができなくなるため、 まぶしく感じることがあります。 急に片眼または両眼の球結膜(きゅうけつまく)(白眼のところ)の充血が起こり、 眼は赤くなりますが、結膜炎とは違い、目やには出ません。 飛蚊症(ひぶんしょう)(黒い小さいものが飛んでいるように見える)が 現れることもあります。 【白内障】 水晶体が濁り始めると、水晶体で光が散乱するため、かすんだり、物が二重に見えたり、 まぶしく見えるなどの症状が出現し、進行すれば視力が低下し、眼鏡でも矯正 できなくなります。 ※新宿院でも白内障日帰り手術を行っています。お気軽にお問合せ下さい※ 【網膜色素変性症】 網膜に異常が起こり、暗いところでものが見えにくい夜盲(やもう)や、 視野が狭くなる視野狭窄、視力低下が見られる遺伝性の病気です。 日本では数千人に1人の割合で発病しています。 明るいところでまぶしさを感じる人が少なくありません。 ●上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談してください。 ●一般の方向けですので医学用語が必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先させてください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索