新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

381:眼軟膏の正しい点入方法

皆様いかがお過ごしですか。 新宿東口眼科医院です。 今回のテーマは「眼軟膏の正しい点入方法」です。 眼軟膏は、まぶたの病気や角膜・結膜の病気に使われます。点眼薬よりも薬の成分を 目の表面に長くとどめ、効果を高めるために必要なお薬です。 炎症や痛みを抑えるものや、細菌を殺す軟膏などがあります。 眼軟膏の使用方法 1.手を清潔な状態にして下さい。 2.鏡を見ながら、下まぶたを軽く引っ張り、チューブを少し押して下まぶたの内側に薬を適量(1cmくらい)つけます。 ※チューブの先がまぶたやまつげ、眼球に触れないように注意して下さい。 3.目を閉じ、軟膏が溶けて全体に広がるまで少し時間をおきます。 ※あふれた軟膏は、清潔なガーゼやティッシュでふき取って下さい。 4.可能ならば次の方法もよいでしょう 清潔な綿棒にチューブから軟膏を少し取り、下まぶたを押し下げて、下まぶたの中に入れる。軟膏が溶けるまで、しばらく目を閉じて静かに待ちましょう。 使用後にはティッシュでチューブの先が不潔にならないように注意して、ふたをする。 目薬と眼軟膏を使用する場合 目薬と眼軟膏を同時に使用する場合は、眼軟膏は水をはじいてしまうので、目薬を使用した後に眼軟膏を使用して下さい。 注意点 使用後、一過性あるいは数分間の間、目がかすむことがあります。明瞭に見えるまで、視力が要求される作業などは避けてください。 主な副作用として、目のかゆみ、眼瞼(まぶた)のはれ・発赤、眼瞼炎(まぶたのただれ)、結膜充血、眼痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師に相談してください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28