新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

498:コンタクトレンズはなぜ黒目の上に安定しているの?

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

連日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしですか。

今週のテーマは【コンタクトレンズは何故黒目の上に安定しているの?】です。

  • コンタクトレンズは何故落ちないの?

コンタクトレンズは、涙の表面張力によって目に引き寄せられています。表面張力というのは表面をできるだけ小さくしようとする液体の性質です。  

指先を濡らすと小さなものが吸い付いてくるのも表面張力によるものです。これと同じ原理です。コンタクトレンズは軽くて薄いので、目の表面を覆っている涙によって引き寄せられているのです。

 

  • 何故黒目の上で安定しているの?

黒目のカーブが白目よりも小さくなっているからです。ソフトコンタクトレンズのカーブは、黒目のカーブよりも少し大きく、白目のカーブよりも少し小さくなるよう設計されています。ソフトコンタクトレンズが黒目に乗っているとき、レンズの周辺部分は白目にかかります。白目のカーブはレンズのカーブよりも大きいため、レンズの白目にはみ出した部分は少し引き伸ばされて乗っています。引き伸ばされたレンズは元の形に戻ろうとするためレンズが縮む方向に力が発生します。この力により、レンズは目を少し締め付けるような形になり、この状態で安定しています。
 この状態から、レンズがカーブの大きい白目のほうにずれてしまうと、レンズはさらに大きく引き伸ばされることになり、レンズが縮んで元に戻ろうとする力も大きくなります。
このレンズ縮もうとする力により、レンズは元の黒目の上に戻るのです。

  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般路の概括的記述ですので、個々人の診療治療には必ずしも当てはまりません。
  • すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28