新宿駅東口の眼科|新宿東口眼科医院

新宿東口眼科医院

新宿駅東口から徒歩1分平日19:30まで受付、休日(土曜/日曜/祝日)も診療する新宿の一般眼科です。

  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

85:円錐角膜について

こんにちは、新宿東口眼科医院です。 梅雨の季節になりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週のテーマは「円錐角膜」です。 円錐角膜とは、角膜が薄くなり前方に突出してくる病気です。視力が低下したり見え方にゆがみが生じます。進行の度合いは人により様々で、数ヵ月の間に進行する場合や何年もかけて進行する場合があります。 <原因> まだ不明な点の多い疾患であり、原因が解明されていません。遺伝性疾患という認識は低いといわれています。経過もさまざまで予後を名言することが難しい傷病です。 <症状> 角膜が前方に不整に突出したために、角膜がレンズとしての役割をはたすことができなくなった状態です。物が変型して見え、二重に見えたり眩しく見えたりします。角膜の変性を起こす状態として最も多いものであり、思春期に発見されることが多い傷病です。 <治療> 初期段階では軽度の乱視矯正が入った眼鏡で十分ですが、症状が進むにつれて眼鏡では十分な視力を保つことができなくなります。ほとんどの場合、ハードコンタクトレンズを用いることで日常生活や車の運転などに支障はでませんが、症状が重くなると手術の必要性もでてきます。 <注意すべきこと> 典型的な初発症状として、物が少しぼけてみえることがあります。早めに眼科医に相談しましょう。コンタクトレンズを使用する場合、年に数回は、コンタクトレンズのチェックと円錐角膜の進行の有無を調べる目的で、定期検査を受けるのがよいでしょう。


Fatal error: Call to undefined function next_post_link_plus() in /home/tkomidorikai/shecnet.jp/public_html/shec/wp-content/themes/shec_temp/single-mailmag.php on line 28