春季カタルとは | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
  • web予約はこちら
  • ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

650:春季カタルとは

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

今週のテーマは「春季カタルとは」です。

 

春季カタルとは

春季カタルとは、アレルギー性結膜疾患の一種で、アレルギーによって結膜に症状がおこります。重症タイプのアレルギー性結膜炎と捉えられています。結膜炎の中でも、眼瞼結膜(まぶたの裏)に乳頭と呼ばれる隆起ができ、角膜と結膜の境界部にも病変が及ぶものになります。春から秋にかけて悪化することが多くみられますが、アレルギー源に接触する機会があれば、季節に関係なく一年中発症します。アレルギーを起こす原因物質(抗原)との接触により生じる体の反応が発症要因であり、抗原はハウスダストやスギ、ヒノキ、ブタクサなどの花粉、ダニ、犬猫の毛など多岐にわたります。

疫学的な特徴として学童期~思春期の男子に多く、伴う症状としては、他のアレルギー性結膜疾患と同様にかゆみが代表的です。他に充血や浮腫がみられたり、涙目、ゴロゴロとした目の異物感なども併発します。炎症が強くなると黒目に傷ができて視力の低下や眼痛を引き起こし、学校生活に支障をきたすこともあります。

 

治療法について

春季カタルでは、薬物を用いた内科的治療と外科的治療があります。

薬物を用いた内科的治療は、症状を軽くすることが中心となります。通常のアレルギー性結膜炎と同様に抗アレルギー点眼薬が使用されます。効果が足りない場合はステロイド点眼薬を副作用に注意しつつ使用することを検討します。

外科的治療では、結膜乳頭を切除したり、角膜プラークの切除を行ったりすることがあります。

 

  • 一般的方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索