二重整形による眼への影響 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

668:二重整形による眼への影響

こんにちは、新宿東口眼科医院です。

秋の夜長をいかがお過ごしでしょうか。

今回のテーマは「二重整形による眼への影響です」です。

 

≪日本で行われている一般的な二重整形≫

二重整形には埋没法と切開法があります。

埋没法はまぶたに細い糸を埋め込んで二重を作り、切開法はまぶたを切開したそのラインで二重を作ります。

 

通常、二重整形が眼に与える影響はほとんどありません。

しかし埋没法、切開法ともに、整形手術を受けた直後は目に違和感が出やすくなります。

とくに埋没法ではまぶたを糸で引っ張ることから、普段より目が疲れると感じやすいようです。

これらの違和感は日数を経るにつれて回復したり、あるいは慣れたりしていきますが、中には抜糸しなければならないような危険なケースもあるので注意が必要です。

 

≪二重整形の危険性≫

①まぶたの裏から糸が出ることによる眼疾患(主に埋没法)

まぶたの裏側から埋め込んだ糸が出てくる可能性があります。異物感や痛みを感じることがあり、目の表面を傷つけてしまう場合があります。角膜に傷がついたり結膜に炎症が起きる危険性があります。

 

②感染によってまぶたが腫れる

糸を入れた部分から感染することで、まぶたが赤く腫れてしまうことがあります。まぶたの炎症を引き起こします。

 

③目の疲れがひどくなる、目の開きが重くなる(主に埋没法)

目をあける筋肉に糸がかかるので目の疲れを感じることや開きが重くなることもあります。目の疲れから肩こりや頭痛を引き起こす可能性もあります。

 

以上の要因により起こる可能性のある病気

 

角膜炎、結膜炎、眼精疲労、眼瞼炎 など

 

 

 ≪眼瞼下垂手術との違いは?≫

二重整形と似たように思われがちですが、眼科で行う眼瞼下垂手術は別物です。眼瞼下垂症とは老化などが原因でまぶたの筋肉が弱くなり、眼が開きにくくなる病気のことです。まぶたを持ち上げる筋肉のことを眼瞼挙筋といい、この筋肉を縫って縮めることでまぶたの開く力を強化して目の縦幅を広げます。これが眼瞼下垂手術です。

 

二重整形をしたあとに、目に違和感を感じる場合や痛み腫れ等がある場合ははやめの眼科受診をおすすめします。少しでも気になることがあればお気軽にご相談ください。

 

 

  • 一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
  • 無断での記事転載はご遠慮ください。
  • 本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索