×

代表的な眼科疾患

×

コンタクトレンズ外来

×

  1. 新宿眼科:ホーム
  2. 眼の病気について
  3. はやり目

はやり目

はやり目
はやり目の症状・原因の説明です。新宿東口眼科医院では、アデノウィルス検査を行っております。
陽性でも陰性でも複合感染を抑えるため、抗炎症剤、抗生物質の点眼液を処方しております。

はやり目(ウィルス性急性結膜炎)とは

はやり目は、ウイルスによって起こる大変伝染力の強い結膜炎です。

ウイルス性急性結膜炎の種類と症状

はやり目-流行性角結膜炎
(アデノウイルス8型、4型、37型、19型感染)
感染してから7~14日後にまぶたの裏側のブツブツや充血、まぶたの腫れ、流涙などの症状が激しくあらわれます。症状が重くなると、耳前リンパ節が腫れることもあります。
プール熱-咽頭結膜熱
(アデノウイルス4型、3型感染)
プールで感染することがあり、プール熱ともよばれます。感染してから5~7日で発病し、結膜にブツブツができて、咽頭(いんとう)炎による発熱を起こします。
急性出血性結膜炎
(エンテロウイルス70型感染)
感染してから1~2日後に突然眼球結膜に出血を起こし、ゴロゴロ感、充血、まぶしさなどがあらわれ、結膜にブツブツができます。
・3つに共通して起こりうる症状として白目の充血、普段より多く目やにが出るといった症状も挙げられます。
※赤ちゃんの場合は、まぶたの腫れが強く、目から血が出たりします。
発熱や食欲不振などの症状が出たり、黒目が濁ることがあります。こういうときには赤ちゃんは目を開けませんので注意してください。

はやり目の検査方法

新宿東口眼科医院では、「キャピリア アデノアイ(承認番号:21700AMZ00071000)」というアデノウイルス抗原を迅速に検出する試薬により、アデノウイルスによる感染の有無を確認しております。
※潜伏期間、症状により反応がない場合もある為、参考のひとつとさせて頂いてます。
キャピリア アデノアイ

はやり目の治療方法

この病気に有効な点眼薬はありません。ウイルスに対する抵抗力をつけるため、休養を十分にとって体力を落とさないことが必要です。また、補助的に他の感染を起こさないために抗菌点眼薬や、炎症を抑えるためにステロイド点眼薬などを使用します。他の人にうつさないように十分注意しましょう。他人とは入浴や洗濯は別にして、タオルなども共有禁止にしてください。

後遺症と合併症への注意

目の充血、目やに、涙、まぶたのはれといった症状は、約1~2週間くらいでとれ、急速に病気は回復してきますが、その頃に角膜に小さな点状の星が出てきます。このときに治療をやめると、黒目が濁って視力が落ちてきますので、医師の指示があるまで、点眼などの治療を続けます。

家族や友人にうつさないための注意点

  • タオルや洗面器は別にしましょう。
  • 手指などは水道水を出しっぱなしにして、石鹸でよく洗い70%消毒アルコールで消毒するとよいでしょう。
  • タオル、ハンカチ、下着などはできるだけ煮沸し、乾燥させます。
  • 人の使っている目薬を使ったり、うっかりその辺の物をさわったり、手で目をこすったり、顔にふれたりしないようにしましょう。
  • 入浴や洗髪は、症状がおさまるまでひかえ、シャワー程度にとどめ、どうしても入浴しなければならない場合は、あまり温まらずに家族の中で最後に入り、その湯は洗濯などに使わず流しましょう。
  • 点眼に使用したり、涙や目やになどを拭いた綿あるいはティッシュは、ビニール袋にまとめて捨てましょう。
  • 次々に感染する危険がありますので、保育園、学校、職場は休む必要があります。治ったように見えても、医師の許可が出るまで、しばらくの間は他人に接したり、友人や親戚などへ遊びに行ったり招いたりするのはやめましょう。なお、普段から汚れた手で、目をこすったりする習慣はやめましょう。
  • 70%消毒アルコールで消毒しましょう。

関連疾患

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本網膜・硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
PDT講習会受講終了認定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務
平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 網膜・硝子体専門治療を予約する
  • ドライアイ専門治療を予約する
  • 黄斑疾患専門治療を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する
  • 白内障専門治療を予約する
  • 新川医師の池袋の専門治療を予約する

常勤医師浪川 博美(日本眼科学会認定 眼科専門医)

浪川医師
所属学会
日本眼科学会会員
経歴

平成15年3月 聖マリアンナ医科大学医学部卒業
平成15年5月 聖マリアンナ医科大学医学部附属大学病院 研修医
平成17年3月 同修了 平成17年4月 総合新川橋病院 出向(1年間)
平成21年4月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 登録医
平成22年4月 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 出向(3年間)
平成25年3月 聖マリアンナ医科大学病院 眼科学講座 退職
平成25年5月 新宿東口眼科医院 常勤医師就任 現在に至る

主な論文

「若年者の網膜中心静脈閉塞症に対し硝子体手術が奏功した一例」(旧姓:Fujino)
”Axonal protection by brain-derived neurotropic factor associated with CREB phosphorylation in tumor necrosis factor-alpha-inducted optic nerve degeneration.”など

  • ※初めての方でもご予約可能です。
  • 一般外来を予約する
  • コンタクトレンズ外来を予約する
  • 緑内障専門治療を予約する

視能訓練士(常勤3名/非常勤2名)、看護師(常勤1名/非常勤3名)

夜間受付のご案内

診療時間

新宿東口眼科医院は、年末年始を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
平日

午前 11:30~13:45
午後 15:00~19:30

受付終了時刻 19:30
土曜

午前 11:00~13:45
午後 15:00~19:00

受付終了時刻 19:00
日曜
祝日

11:00~18:00

受付終了時刻 18:00

ご予約について

※初めての方でもご予約可能です。
※ご予約なしでも受診できます。
※待ち時間が出る場合には一時外出もできます。
※土曜・日曜・祝日もご予約可能です。

電話予約

03-5363-0507
当日のご予約はお電話にて受付しております。

WEB予約

アクセス


住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。