コンタクトレンズの素材の違い | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

671:コンタクトレンズの素材の違い

こんにちは、新宿東⼝眼科医院です。秋の爽やかで過ごし易い好季節に、皆さまはいかが お過ごしでしょうか。 今回のテーマは「コンタクトレンズの素材の違い」についてです。 ⽬にゴミが⼊った際に痛みを感じた経験は誰にでもあると思います。しかしコンタクトレ ンズも⽬にとっては同じく異物のはずですが、痛みを感じないのはどうしてでしょうか。 その秘密は、レンズデザインと素材にあります。コンタクトレンズは、スポンジのように⽔分を含んで柔らかくなる親⽔性のプラスチックでできています。さらにとても薄く作られているので、⽬(⾓膜)の上に乗せると⾓膜形状に沿ってやさしくフィットし、⾓膜全体をおおうような状態になるため、痛みや異物感を感じにくくなっているのです。 そんな特徴を持つコンタクトレンズですが、素材の特徴によっていくつかの種類に分類することができます。⾼含⽔レンズ、低含⽔レンズ、 ヘマ素地(従来型ハイドロゲルレンズ)、シリコンハイドロゲルといった素材があります。 まず、⾼含⽔レンズ、低含⽔レンズといった含⽔率の違いについてです。 コンタクトレンズには⽔分が含まれています。その含⽔量(含⽔率)によって、装⽤時に失われる⽔分の蒸発量が異なり、装⽤感に差が出ます。蒸発した⽔分は⽬の⽔分(涙液)から失われるため、⾃分の⽬にあった含⽔率のレンズを選ぶことが、快適な装⽤感につながります。 ⾼含⽔レンズ:レンズに含まれる⽔分が 50%以上 ⽔分が多いため、瞳へ酸素が多く届きやすい やわらかく⽬に馴染みやすい ⽔分の蒸発量が多いため、⻑時間の使⽤では乾きやすい 低含⽔レンズ:レンズに含まれる⽔分が 50%未満 ⽔分が少ないため、瞳へ酸素が少し届きにくい 形状がしっかりして扱いやすい ⽔分の蒸発量が少ないため、⻑時間の使⽤でも乾きにくい 次にこれらのレンズの酸素透過率の違いについてです。 この素材の含⽔率は、酸素の通りやすさ(酸素透過性)と深い関係があります。素材 ⾃体の特性は、含⽔率が⾼いほど酸素透過性は⾼くなりますが、これはあくまで素材 単体で⽐較した場合のことで、実際のコンタクトレンズの酸素透過性は、含⽔率の他 にもレンズの厚みが⼤きく関係しています。含⽔率が異なる素材で同等の強度をもつ レンズの場合、⾼含⽔レンズはレンズが厚くなり、低含⽔レンズはレンズを薄くする ことができます。つまり、上記のようにレンズは薄いレンズの酸素透過性が⾼くなり ます。 そしてヘマ素材(従来型ハイドロゲルレンズ)とシリコンハイドロゲルレンズについてです。 従来のソフトコンタクトレンズには「HEMA(ヘマ:ヒドロキシエチルメタクリレート)」というハイドロゲル素材で作られています。HEMA は⽔分を含ませると軟らかくなる素材で、ハードコンタクトレンズに⽐べて快適な装⽤感が得られるのがメリットです。 このレンズは、含まれる⽔分を介して酸素がレンズを通過し、⽬に酸素を届けます。酸素量が⼗分ではない場合、⻑時間の使⽤は⽬への負担が⼤きくなってしまいます。 シリコンハイドロゲル素材で作られたソフトコンタクトレンズは、酸素透過率値のきわめて⾼く、酸素が⽔分を介してだけではなく、直接レンズ素材を通るので、より多くの酸素を⽬に届けることができます。 それにより、⻑時間の装⽤でも瞳の酸素不⾜を防ぎ、⽬への負担が少ないことがメリットで す。HEMA が抱える問題点を克服できる素材として注⽬されていますが、素材特有の硬さがあることがデメリットとして挙げられることがあります。 当院で扱いのシリコンハイドロゲルレンズ、高含水レンズ低含水レンズについて詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.shec.jp/cl/silicon/ https://www.shec.jp/cl/uruoi/ このように素材の違いによって特徴があるコンタクトレンズは⼈それぞれ相性があり⼈に よって良いレンズは変わってきます。 ご⾃⾝の相性のいいレンズを探したい場合は、当院のスタッフにぜひお問い合わせ、お声 がけください。 ●⼀般の⽅向けですので医学⽤語は必ずしも厳密ではありません。 ●無断での記事転載はご遠慮ください。 ●本⽂の内容は⼀般論の概括的記述ですので、個々⼈の診断治療には必ずしも当てはまり ません。 ※すでに治療中の方は主治医の判断を優先してください。

診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索