涙点プラグの種類 | 新宿駅東口徒歩1分の眼科|新宿東口眼科医院
ご予約・お問い合わせはお電話でお気軽にどうぞ

メールマガジン

672:涙点プラグの種類

こんにちは。新宿東口眼科医院です。
紅葉が色づき、徐々に寒さが感じられる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、今回のテーマは、ドライアイの治療方法の一つである、【涙点プラグの種類】についてです。
最近はパソコンやスマートフォンなどの機器の使用によって、ドライアイの方も増えていらっしゃるかと思います。当院では、ドライアイに対し、点眼治療以外では、数種類の涙点プラグでの治療を行っておりますので、点眼薬をお使いであまり効果を感じられない方や、医師から涙点プラグの挿入を勧められた方など、この記事を参考にしていただけると幸いです。

 

〇涙点プラグと種類について
「涙点プラグ」とは、ドライアイの症状のある方で、涙の量そのものが十分ではない方への治療法の一つ、涙点プラグ挿入術に用いるものです。この治療法は、涙の排出口である涙点を栓(プラグ)を用いて塞ぎ、涙の流出を減らし、涙を目の表面に十分に留めさせるというものです。

*イメージ図

その涙点プラグには大きく分けて2つ(コラーゲン製のものとシリコン製のもの)種類があり、患者様それぞれに適したものをご使用いただきます。
コラーゲン製のものは、体温により温められるとゼリー状に固まる液体でできていて、シリコン製のものと比べると継続時間が短く、使い捨てのような感覚で使われます。
シリコン製のものは、プラスチックのようなもので、コラーゲン製のものと比べると継続時間は長いです。
以下では、当院で取り扱っている涙点プラグをご紹介いたします。

 

【コラーゲン製】キープティア
(株式会社高研製)はコラーゲン製涙点プラグでは定評があり、高い国内シェアを持つ製品となります。
涙をせき止める力が75~80%とシリコンには劣り、さらに継続時間が1ヶ月から3ヶ月と短期間ではあるのですが、ゼリー状になっているため、充填時には充填しやすく、さらにプラグの脱落や異物感はありません。初めての方やシリコンが怖い方、シリコン製プラグだとあたってしまい合わない方におすすめです。また、乾燥の強い季節の時期だけと限定して使用している方も多いです。
参考価格※:(初診)片目で1本の場合 約8,440円 両目で3本の場合 約11,140円

 

【シリコン製】スーパーフレックスプラグ
(米国イーグルビジョン社製、国内輸入販売元ホワイトメディカル)は、
フィット性、保持性、快適性に優れており、定評のある製品です。涙が排出されにくくなり、落涙しやすくなったり、目やにが増えたりといった症状が出る場合がありますが、涙をせき止める力は90%と高く、継続時間も1日から2年半(平均して7ヶ月)くらいと長期間です。また、このスーパーフレックスプラグは直径が0.4~1.1ミリと幅広く、ほとんどの方の涙点サイズに合わせる事が可能です。
参考価格※:(初診)片目で1本の場合 約5,190円 両目で2本の場合 約8,440円

 

【シリコン製】パンクタルプラグF
(製造販売元:株式会社トーメーコーポレーション)は、新型のシリコン製プラグです。
サイズの幅はあまり広くはないのですが、挿入前はプラグが細長くなっており、施術の際の負担が少ないです。また、涙をせき止める力が90%と高く、継続時間も1日から2年半(平均して7ヶ月)くらいと長期間です。
参考価格※:(初診)片目で1本の場合 約5,190円 両目で2本の場合 約8,440円

 

※3割額の負担、薬の処方、他医師による処置がなかった場合の価格となります。
 医師の処置、検査の有無により診療費に前後があります。ご了承ください。

 

涙点プラグには良いところも悪いところもありますが、今回のこの記事でご興味を持たれた方は、ぜひ医師に涙点プラグでの治療をご相談ください。

 

●一般の方向けですので医学用語は必ずしも厳密ではありません。
●無断での記事転載はご遠慮ください。
●本文の内容は一般論の概括的記述ですので、個々人の診断治療には必ずしも当てはまりません。


診療時間

新宿東口眼科医院は、12/31~1/3を除き年中無休で診察しております。
休日(土曜/日曜/祝日)も診療している一般眼科です。
月~金 日・祝
11:30-13:45
15:00-19:30
=11:00-13:45/=15:00-19:00
=11:00-18:00(昼休みなし)
午前中の受付は診察開始10分前から行っております。

アクセス

住所 東京都新宿区新宿3-25-1 ヒューリック新宿ビル9階
最寄り駅 JR新宿駅東口 徒歩1分
丸の内線新宿駅B11出口
新宿東口眼科医院は新宿東口スタジオアルタから3軒目、1階にauが入っているビル9Fにあります。
1Fみずほ銀行新宿支店左脇にビル入口があります(地下鉄B11出口直結)。
ビル入口は休日(土曜、日曜、祝日)でも開いています。
1Fビル入口からエントランスホールを直進すると、自動ドアの奥にエレベータホールがあります。
エレベータで9Fまでお越しください。
※車椅子、その他介護の必要な方はご一報下さい。また、お車でお越しの際、到着しましたら、ご一報下さい。

サイト内を検索