視力低下

※治療法、治療薬、検査に関しては、全て医師の判断となりますのでご理解の程宜しくお願い致します※

視力低下の症状・原因の説明です。何が原因で視力低下が起きているのかを診断してからの治療となりますので、まずは視力低下を引き起こしている原因を明確にすることが必要となります。

視力の定義

視力とは、2点を識別する眼の能力(最小分離閾)で示される視機能です。
視力1.0とは、直径7.5mm、切れ目幅1.5mmのランドルト環の方向を、
5mの距離で認識できる能力をいいます。

上記図は、「ランドルト環」といい、視力検査に使用する指標です。
この切れ目幅1.5mmとは視角1分に相当し、視力は、
視力=1/視角(分)で求められます。

視力低下

視力低下とは、名の通り視力が低下している状態のことです。
裸眼視力が低下したのか、眼の異常が原因で矯正しても視力がでないのか、原因は様々あります。

簡易視力検査アプリ

PC用の簡易視力検査
http://eyeportal.jp/60siryokukensa
スマホ・アイフォン用の簡易視力検査
http://app-liv.jp/health/sokutei/1216/?tab=Free

※ どちらも簡易式で実際の視力と異なる場合があります。

検査の流れ

【はじめに】
まずは問診を丁寧にお伺いします。
【1】
機械による他覚的な屈折力(近視や遠視、乱視の度数)を測定。
(←オートレフケラトメーター)
【2】
機械で眼圧を測定。
(←ノンコンタクトトノメーター)
【3】
裸眼の視力を測定。

【4】
自覚的な矯正視力の測定(近視や遠視、乱視の眼鏡をかけて見やすくなるか、また視力がでるか確認します。)
※眼精疲労、近くが見えにくいなどの主訴があれば近見視力も測定します。
【5】
診察室にて、眼の異常がないかを確認します。

眼底検査(散瞳検査)が必要な場合は、目薬で瞳孔を大きくして、詳しく検査を行います。

OCT眼底検査、診察室では細隙灯顕微鏡で医師が観察します。

DRI OCT Triton

上記の検査を行い、眼鏡が必要なのか、治療が必要なのかを医師が判断します。

学校の目の検査で異常があったら当院へ!

視力低下の治療

何が原因で視力低下が起きているのかを診断してからの治療となります、まずは視力低下を引き起こしている原因を明確にすることが必要となります。

新宿東口眼科医院では視力低下の治療法として、点眼治療、ワック(両眼視簡易検査器)を行っております。

ワック(両眼視簡易検査器)


美しいカラー立体風景を5分間見るだけで、遠くの景色を長時間見つめるのと同じ効果が得られます。

点眼治療

※ただし近視の進んだ方や成人には効果はあまり期待できません。

視力低下の注意点

どんなに近視が進行して視力が低下しても、その延長として失明することはありません。しかし、近視が強くなると網膜が薄くなり、網膜剥離を引き起こす可能性があります。また糖尿病になれば、糖尿病網膜症という目の病気にかかる危険もでてきます。つまり近視乱視遠視だけが原因で失明することはなくても、他の疾患がきっかけになり失明する可能性は考えられるということです。
上記は一般的な説明です。症状が気になる方は受診の上、医師に相談して下さい。

▼担当医師紹介

常勤医師長谷川 二三代(日本眼科学会認定 眼科専門医)

ごあいさつ
現在、日本は超高齢社会に突入していますが、生涯健康な目を維持するためには、若いころからのケアが必要です。 日々の診療では、患者様の困っている症状を正確に把握することで検査、診断し、またひとりひとりにあった治療方針を考えることを大切にしています。 今までの経験をもって、目の健康長寿のお役にたちたいと考えております。 小さな症状でも何か気になる事がございましたら、ご相談ください。どうぞよろしくお願いいたします。
所属学会
日本眼科学会、日本弱視斜視学会、日本神経眼科学会
資格
医学博士、日本眼科学会認定専門医、日本斜視弱視学会認定標榜医、A型ボツリヌス療法講習修了認定医
経歴

平成4年 帝京大学医学部卒業
     帝京大学医学部麻酔科学教室入局
平成6年 東京警察病院麻酔科派遣勤務・麻酔標榜医取得
平成7年 帝京大学医学部眼科学教室入局
平成9年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院派遣勤務
平成12年 日本眼科学会眼科専門医取得
平成14年 聖母病院眼科医長
平成15年 医学博士取得
平成27年 社会福祉法人 聖母会 聖母病院退職

令和2年4月~ 新宿東口眼科医院 常勤医師就任

主な論文

眼科臨床医報 第91巻 第4号(1997年4月)学校における眼外傷の後遺症について
眼科臨床医報 第99巻 第5号(2005年5月)白内障術後に周期性が消失した周期性上下斜視の1例
帝京医学雑誌 第26巻 第3号(2003年5月)間歇性外斜視に対する遮蔽試験における眼球運動の定量的解析

院長新川 恭浩(日本眼科学会認定 眼科専門医)

新川医師
所属学会
日本眼科学会、日本白内障屈折矯正手術学会、日本網膜硝子体学会、日本眼科手術学会
資格
眼科PDT認定医(PDT認定医とは認定医一覧 )、身体障害者福祉法第15条に基づく指定医
経歴

平成13年 熊本大学医学部卒
平成14年 京都大学医学部 眼科学教室入局
平成14年 島田市立島田市民病院 勤務
平成20年 高松赤十字病院 勤務
平成22年 公益財団法人田附興風会 北野病院 勤務

平成26年10月~新宿東口眼科医院 勤務
平成27年9月 新宿東口眼科医院 院長 就任

掲載インタビュー
新川医師が新宿区ドクターズに掲載されました

視能訓練士(常勤4名/非常勤3名)、看護師(常勤1名/非常勤4名)